HUAWEI Mate 10 Proのカメラは想像以上にすごかった

今年最後の端末はこれかなぁ。

HUAWEIが12月1日に発売する最新フラッグシップ、Mate 10 Proのタッチアンドトライイベントに参加してきました。

端末自体はグローバル版を弄らせてもらったことがあったのですが、カメラ機能をじっくり試してみたら、考えていた以上にすごかったです。

6インチでもコンパクトに感じるMate 10 Pro

Mate 10 Proのスペック的なことはすでにグローバル、国内それぞれの発表時に書いているのでそちらで。

外観ですが、縦長ディスプレイになったことにより、横幅がスリムになり手に収まりやすくなっています。

前モデル、Mate 9と並べると一回り小さい印象です。

背面もピカピカ。5層構造で一番上(外側)はゴリラガラスになっています。

底面にUSB-Cとマイク、スピーカー。

上面には赤外線ポート。残念ながら3.5mmジャックは廃止されてしまいました。

AIによるシーン自動認識、カメラ性能がとにかくすごい

Mate 10 ProではAI向けNPUを搭載したKirin 970を初採用。そのAI機能を使い、13パターンの被写体・シーンを自動認識し、瞬時に最適な設定に変更します。

この機能、グローバルの発表時からアピールされていましたが、正直なところピンとこず、従来あったナイスフードや夜景モードなどの延長にあるものだと認識していました。しかし、これはどうやら間違い。まったく別物と考えたほうが良さそうです。

▲被写体に向けるとほぼ瞬時に識別して、最適なモードになります。ちなみに、マクロではなく花です。

ちなみに、従来のモードもちゃんとあります。

▲従来のモードも設定可能

とりあえず、作例は下記。それぞれクリックで拡大します。

▲左上:Mate 10 Pro、右上:Mate 9、左下:Galaxy Note8、右下:Pixel 2 XL

▲左上:Mate 10 Pro、右上:Galaxy Note8、左下:Pixel 2 XL、右下:OM-D E-M5 MK.II

それぞれちゃんと適したモードで撮影して比べるべきなのでしょうが、Mate 10 Proではそんなことを意識せずに撮れるのが一番の魅力です。

特に夜景モードは、Mate 9では30秒程度の長時間露光が必要になりましたが、Mate 10 Proの自動認識なら普段通りに撮影可能です。

全体的に動作が軽快

カメラもですが、全体的に動作が非常に軽快に感じました。初期状態ということもありますが、サクサクと動いて非常に気持ちがいいです。

搭載しているAI機能により、バックグラウンドでシステムを常に最適化しており、初期のレスポンスがずっと続くのを特徴としているそうです。

▲なんでもかんでもAIというのは実際どうなの?と思いますが、効果があるので仕方がない。

弄ったら安いと感じる端末

定価が89800円なのは、SIMフリー端末としては少し高いか?と思ったのですが、弄ってみたらNote8やiPhone Xなど10万を超える他社ハイエンドを比べてもそん色なく、カメラ機能を重視するならむしろ勝っています。それが9万円ならひょっとしたらお買い得かもと思えてきます。

しかも、gooSimsellerなら7万円以下で購入可能。

う~ん、これは弄ったら欲しくなる端末ですね……。

タグ: , ,

back to top