GPD Pocketのポインティングスティック、トラックポイントと交換するならロープロファイルをお勧め

ロープロファイル以外はディスプレイに当たります

GPD Pocketのポインティング・スティックはThinkPadのトラックポイントのキャップと交換可能。対応しているのは「ロープロファイル」というタイプなのですが、ネットを見ているとロープロファイルじゃなくても大丈夫というのもチラホラと見かけます。実際のところどうなのか、確認してみました。

ロープロファイル意外はディスプレイに接触

用意したのはロープロファイルと、クラシックドーム、ソフトドーム、ソフトリムの4種類。

並べてみるとロープロファイルだけ背が低いのがわかります。

▲左からロープロファイル、ソフトドーム、ソフトリム、クラシックドーム。

実際にはめてみると、高さ以外の形状は同じなので問題なくはまります。

▲ソフトリムをはめたところ

だがしかし、ディスプレイを閉じると当たってしまい、跡が綺麗につきます。このためだと思いますが、ディスプレイを閉じてもスリープに移行しませんでした。

▲綺麗に丸く跡が付きました。

ソフトドーム、クラシックドームでも同様に跡が付いたので、やはり交換するならロープロファイルにすべきだと思います。

タグ: ,

back to top