海外でGoogle Alloがリリース インストールしてGoogle Assistantと話してみた

2016-09-21-17-12-28

Googleのメッセージサービス、Google Alloがリリースされました。

Googleのメッセージアプリ Alloを体験

といっても日本ではまだダウンロードできないのですが、apkmirrorにあったのでインストールしてみました。

APKMirror Google Allo

ところで、Alloのアイコン変わりましたね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_092116_072844_pm

SMSでの認証が必要

まず利用開始にあたり、SMSでのコード認証がありました。
コードが受け取れない場合、電話でコードを聞くこともできます(2段階認証と同じ感じ。日本語でした)。

それが済めば、特に問題なく利用できます。

Googleの新AI、Google Assistantと会話が可能

やりとりする相手がいないので、Googleの新AI、Google Assistantに話しかけてみました。
「今日の天気」「明日の天気」のような定型のものは日本語でも理解してくれます。

「近所のお店」もOK。
ただ、「おすすめの映画は?」については回答できず、Google検索の結果を返してきました。
このときだけ返事が日本語なのはなぜだろう?

ちなみに、Appleのファンだそうです。

テキストメッセージのほか、音声メッセージや写真、現在地の地図なども送ることができます。
画像は、送った際に内容を解析しているようです。
この例では、提示された返信例から猫の写真であることを認識しているのがわかります。

Google Assistantの出来次第?

正直なところ、すでにLINEやらFacebook MessageやらWhatsAppやらがある中で、いまさら新しいメッセージアプリに需要があるのかという点が疑問なのですが、Google Assistantの充実具合によっては面白くなるかもしれませんね。

まずは日本語に対応してほしいところだけど。

タグ:

back to top