2017.5.6

Galaxy S8の顔認証は写真でだませるのか?指紋・虹彩認証の使い勝手と共に検証してみた

顔認証、虹彩認証よりも便利だけど、慣れると指紋センサの位置も気にならなくなってきます。

Galaxy S8/S8+には通常のPINやパスコード、パターンロックのほか、指紋認証、虹彩認証、顔認証が搭載されています。

この中で顔認証については、発表後のタッチアンドトライで写真でも解除できてしまうと話題になっていました。

そこで、実際に写真で顔認証を騙せるのかを試してみました。

▲3つの生体認証が利用可能

生体認証の反応速度

その前に、指紋、顔、虹彩の確認証がどの程度の速度で反応するのか確認です。

指紋認証

まず指紋認証。これは一瞬で解除できます。また、スリープ状態(Always On Displayの状態)からでも解除可能です。

以前にいくつかの機種で指紋認証の速度を比較したことがありますが、その時に最も早いと感じたNexus 5Xに匹敵する速度で認証されます。

虹彩認証

続いて虹彩認証。これはロック画面の状態からでないと解除できません。これも高速に認証できますが、当然ながら虹彩の位置があっていないと認証が失敗します。フロントカメラを観るのではなく、画面上部を見るようにすると上手くいく感じです。

端末を意識的に顔の前に持ってくる必要があるので、日常使いで便利かどうかは正直微妙なところです。

顔認証

最後に問題の顔認証です。これも一度ロック画面を表示する必要があります。速度的には虹彩認証よりも速いです。

ただ顔認証には弱点もあって、日当りのいい屋外では認証できないことがしばしば。また、夜間など暗い状況でも認証はできませんでした(虹彩認証は暗くても意外と大丈夫)。

写真で顔認証は騙せるか?

問題の写真で顔認証を騙せるか(解除できるか)ですが、試行錯誤した結果、解除は可能でした。

ある程度の大きさが必要なようで、スマートフォンでは20回に1回くらいしか成功しませんでしたが、画面の大きいMi Pad 2にしたら5回に1回くらいは成功しました。写真の目線をフロントカメラ辺りに合わせると上手くいくようです。

▲位置合わせや距離は結構シビア

セキュリティ的にダメだ!という話もありますが、そもそも端末を入手した人が、持ち主の顔写真を持っている時点で計画的な犯行なわけですし、セキュリティ云々を気にしても意味はないかなという気はします。

身内の犯行の場合、それこそショルダーハックなりなんなりでPINコードとかばれそうですし。

顔認証はAndroidの標準機能

念のために書いておくと、顔認証自体は特別新しいものではなく、Androidの標準機能にもあります。Android 5.0からは、Smart Lock中に「認識済みの顔」という項目で存在します。そしてこの標準機能も写真で解除することが可能です。

▲Android 7.0なNexus 6の設定

この項目が削除されている端末も多く、GalaxyもS5、S6、S7と搭載していません。ただし、Galaxy S2、S3、S4では顔認証を搭載しており、しかも、まばたきをしないと認証されず、写真では解除できない仕様になっていました。

この仕組みがGalaxy S8に搭載されなかったのはちょっと残念ではあります。

あくまでも顔認証はロック解除の手間を省くためのもので、セキュリティを考えるなら指紋認証や虹彩認証を活用してほしいというのが本音のところでしょう。であれば、なぜGalaxy S8で顔認証を復活させたのかが謎ですけども。

icon
icon
Samsung Galaxy S8 Dual-SIM SM-G950FD

Expansysで購入

タグ: , ,

back to top