2016.4.11

Galaxy S7の中身について、スクリーンショット満載で紹介します

Galaxy S7

前回の外観レビューに引き続き、Galaxy S7 SM-G930FDの中身についてです。といっても、基本はAndroid 6.0にアップデートしたGalaxy S6と同じで目新しさはないので、基本画像多めでの紹介です。

設定メニュー

まずは設定メニューの一覧。デュアルSIM機なので、「SIMカードマネージャー」というメニューが追加されています。

設定メニューの一覧

設定メニューの一覧

中華フォントではないですが、フォントが角ゴシック系でちょっと違和感があります。

端末情報

Androidのバージョンは6.0.1。

SIMカードマネージャー

Galaxy S7はデュアルSIMですが、片方がLTE/3Gの場合、もう一方は2Gのみになるので日本国内では使えません。また、SIM2のほうはmicroSDカードのスロットも兼ねているので、microSDを利用する場合も使うことができません。

Galaxy S7 SIMカードマネージャー

なお、今回購入した東南アジア版(?)はプロセッサがExynosですが、米国でリリースされているSnapdragon 820版は少し弄ると3Gのデュアル待ち受けが可能なようです。

ストレージ

Android 6.0で追加された、microSDを内部ストレージとしてフォーマットできる機能は、無効化されています。

使えない理由はなんなのでしょうね?

Android 6.0のmicroSDを内部ストレージとしてフォーマットできる機能、軒並み無効になっているようです

Allways On Display

スリープ状態でもディスプレイにじょうほうを表示できるAllways On Displayはディスプレイメニューから設定します。表示できるのは、時計、カレンダー、画像の3つ。画像は現状ではプリンストールされているものしか選べないようです。

それぞれ、表示した様子は下記。

日本語入力

デフォルトのキーボードが「Samsungキーボード」というのになっています以前は「Galaxyキーボード」だったと思うのですが。

キーボードは多言語化されており、スペースバーの左右フリックで入力言語が切り替わります。英語はQWERTY、日本語はフリックといった設定もできるので意外と便利です

ホーム画面

デフォルトは3画面。Flipboardが統合されています。

アプリ一覧

初期アプリは意外と少な目でしょうか。Office系がプリンストールされています。

全アプリをホーム画面に配置

設定メニューの「高度な設定」の中に、「Galaxy Labs」というのがあり、その中にアプリドロワーを排して全アプリをホーム画面に表示するというオプションがあります。

この機能、Googleも次期Androidでアプリドロワーを無くすという話も出ていますし、今後はデフォルトになっていくのかもしれません。

次期Android N(Android 7.0)にはアプリドロワーがないかもしれない

以上、ひとまず中身の紹介でした。

タグ: , , ,

back to top