2016.6.30

Galaxy S7 edgeにおすすめなエッジスクリーン対応の保護シート「Araree PURE」

Galaxy S7 edge

これまでGalaxy S7 edgeに綺麗に貼れる保護シートは無さそうだという理由で、保護シートの類は貼らず、グラスアーマーを塗りディスプレイ面が保護できるClear Viewカバーを使っていました。

しかし先日購入したレンズカバーの使い勝手がよく、常用したいと思ったのであらためてGalaxy S7 edgeの保護シートを探したところ、良さそうなのがあったので購入してみました。

広告

エッジスクリーンに対応したTPU製保護シート

購入したのはArareeのPUREという保護シート。

TPU製の保護シートはほかにもいくつかありますが、これはPET材でエッジスクリーンに合わせた立体的な形状を作り、その上にTPUシートを貼り合わせたものです。

Amazonで2,592円と普通の保護シートの2倍~3倍の値段ですが、値段なりのことはありました。

貼り方は普通の保護シートと同じ

同封物は保護シート1枚とアルコールシート、スクレーパー、ホコリ取り用のシール、クリーニングクロス。
保護シートは2枚セット、3枚セットというものも多いですが、1枚だけというのが厳しいですね。

イラストになった貼り方の手順書がわかりやすくていいかんじです。

Galaxy S7 edge PURE

もっとも、貼る手順自体は通常の保護シートと同じです。
左右が湾曲しているので気泡が逃げにくいですが、ゆっくりと押し出せば綺麗に抜けます。

TPUのシートは気泡を抜くときにシート自体が伸びてしまうものもありますが、この保護シートはそういうことはありませんでした。

4隅が開いているのでケースとの干渉は無さそう

貼り終わったのがこちら。

Galaxy S7 edge

エッジスクリーンに対応していますが、100%覆っているわけではなく、若干小さくなっています。
特に上下はだいぶ隙間があきます。

といっても、あまり気にはなりません。
逆に4隅が空いていることで、ケースと干渉して浮いてしまうということは少ないと思います。

Galaxy S7 edge

指の滑りは悪くなるのでフッ素などを塗ったほうがいい

なかなか良い感じの保護シートなのですが、難点として、指の滑りが悪くなります。

ガラスフィルムのような滑らかな優れたタッチ感で、フィルムを付けていても操作がストレスなくできます。

なんて説明がありますが、そんなことはまったくないです。
指の滑りが悪いので、市販のフッ素コーティングなどをしたほうが良さそうです。

そんなわけで、しばらくはこの保護シートとレンズカバーというスタイルで使いたいと思います。
ガラスシートと違い硬度はないので傷だらけになると思いますが、ひどくなってきたら張り替えれば済むし。

そのころにはGalaxy S7 edgeに綺麗に貼れるガラスシートが出てきてくれると嬉しいのですけどね。

Galaxy S7 edge
タグ: ,

back to top