MagSafeなアダプタをUSB PDなUSB-Cに変換するアダプタ「ELECJET ANYWATT ONE」

これはいいと思う

K-ONEから、SwitchやC-Forceで使えるアクセサリーをいくつかレビュー用に提供頂きましたが、その紹介の2回目。今回はMacbook Airなどに使われていたMagsafeをUSB Tyep-Cに変換してしまうアダプタの紹介です。

このアダプタ ElecjetのAnyWatt Oneは昨年6月にKickstarterでキャンペーンを行っていたもの。

現在は公式サイトで販売を行っています。関係は不明なものの、公式サイトではC-Force製品も扱っており、その絡みなのか、C-Force国内正規代理店となっているK-Oneで販売を行うようです。

本体、USB Tyep-Cケーブルの反対側にはMagsafeのコネクタ。

そのままMacのMagsafeケーブルが挿せるというか留まります。MagsafeなACアダプタの出力は14.85V/3.05Aの45W。それをそのままUSB PD対応アダプタとして利用できるわけです。

ちなみに、横向きタイプのMagsafeでも使えます。

出力は5V/3A、12V/3A、9V/3A、15V/3A、20V/2.25A(機器には15V/2.6Aの記載がありますが、3Aが正解のようです。公式サイト上でも3Aになっています)。SwitchのTVモードでも利用可能でした。

Switchに繋いだところ、14.7V/0.5Aで充電されました。

▲Switchでは14.7V/0.5A

▲USB PD対応のPixel 2 XLでは9V/1.61Aで充電。

20Vの給電に対応しているはずのC101PAでは、14.5Vでしか充電されず、おや?と思ったものの、使っているMagSafeが14.85Vまでしか対応していないので当然でした。昇圧をしてくれるわけではありません。

▲Chromebook C101PAは14.5V/1.64A

▲PD非対応なGalaxy S8では5.07V/1.98A

なお、バリエーションとして、Lenovoの四角い差し込み口のACアダプタで使えるタイプもあります。

Magsafeなマックをまだ使っている人も多いと思いますし、すでに使っていない人でもACアダプタが家にあるという人もいると思います。そういう人には、意外と便利かもしれませんね。ケーブルに足を引っかけてもちゃんと外れるので、USB Type-Cのマックを使っている人でもMagsafeを使いたいという人にも向いていそうです。そういう人、大抵古いアダプタも持っているだろうし。

ただ、Switchやスマートフォンだと軽いので、外れる前に本体が机から落ちるかもですが……。

まだAmazonでの販売を開始していないようなので、販売開始され次第、リンクを追加します。

back to top