ソファにUSBポートを追加できるCouchletが1年以上遅れて到着 便利ではあります

2015年6月にIndiegogoで出資していたCouchletが届きました。
もともと2015年12月に出荷予定でしたが、1年以上遅れましたね。まぁ、クラウドファンディングではよくあることです。

このCouchletが何者なのか、あらためて説明するとソファーやベッドに差し込んで使えるUSBポートです。

ソファやベッドでスマートフォンを使っているときに「ここで充電できたらなぁ」というのを誰しも感じたことがあると思いますが、それを解消するアイテムですね。

Type-Aのポートが2つありますが、データ通信には対応せず充電のみが可能です。

▲2口のUSBポート。USB 2.0です。

▲microUSBで給電します。

▲フラップを広げてマットレスの下に差し込むことも可能。

ソファやベッドなどに電子機器を差し込んで使うのは危ないんじゃ?と思うかもしれませんが、あまりそういう心配はしなくてもいいかもしれません。
なにしろCouchlet自体には複雑な回路は入っていませんから。

というか、単に内部でUSBを分岐しているだけです。

▲気になったので分解してみた。

基本的にそこらで売っている二股のUSBケーブルと大差ありません。
なので、2台同時に繋ぐと充電速度は落ちます。

一応、Quick ChargeやFast Chargeに対応するということですが、Couchletに繋ぐケーブルとアダプタ次第ですかね。

小型のUSBハブのほうが便利そうな気もしますが、やはり発熱などは気になるので、ソファやベッドで使うにはCouchletみたいなシンプルなアプローチが正解なのかもしれません。

それにしても、なぜこれの開発が1年以上遅れたのが不思議なのですが、どうやら納得のいく品質の外装が作れなかったのが原因のようです。
モノづくりって難しいですね。

indiegogoでのキャンペーンはとっくに終わっており、どこかで追加販売(というか正規販売)があるのではないかと思うのですが、いまのところやってないみたいですね。

タグ: ,

back to top