GPD Pocket用にAUKEYのUSB-Cハブを購入。HDMI出力もでき、使い勝手は良好

GPD Pocketとの組み合わせは意外と良さそう

先日紹介したAUKEYのType-Cハブを購入してみました。2種類のうち、購入したのはSDカードスロットのあるCB-C59のほうです。

デザインはGPD Pocketにピッタリ。ただ少し安っぽい

サイズは思っていたよりもコンパクト。GPD Pocketと比べると下記のような感じです。

もともとMacbook辺りをターゲットにしている製品ですが、アルミの感じがGPD Pocketと合わせても違和感がありません。

▲片面にUSB Type-Aが2ポートとSD、microSDカードスロット

▲反対面にはHDMI、Tyep-A、USB PD対応のUSB Type-C(データ転送にも対応)

▲底面には滑り止めがあります

先ほど書いた通り、表面はアルミ製ですが底面はプラスチック。そして全体的に非常に軽量なためかなり安っぽい印象を受けます。

▲実測で77.4g

そして気になったのがエッジの処理。短辺側の角が非常に鋭利でちょっと怖いです。実際に指が切れたりということはないと思いますがもう少し何とかしてほしかったポイントです。

GPD PocketからHDMI出力が可能

そもそもGPD PocketにはUSB Type-Aポートもあるので、CB-C59のようなType-Cハブは必要ないと言えばないのですが、SDカードが使えると便利かなぁということで購入してみました。

そして、HDMI出力可能なのがポイントです。GPD PocketにもHDMI Dタイプ(micro HDMI)がありますが、対応ケーブルや変換ケーブルがないと使えませんし、ノーマルなHDMIであれば出先で用意されている可能性も高いです。

なお、HDMIで出力中でもUSB PD経由で充電可能です。

▲HDMI出力が可能なのは便利

HDMI出力はGalaxy S8/S8+でも可能、Switchには非対応

HDMIについては、Galaxy S8+でも利用可能でした。単に同じ画面が出力されるだけですが、いざというときには便利です。

ちなみに、Nintendo Switchには非対応でした。やっぱり普通のDisplayPort over USB(DP Alt Mode)とは違うみたいですね。

Pocket的にはポートの配置がやや残念

全体的に満足度は高いのですが、若干の不満もあります。それは機能面ではなく、ポートの向き。先に書いたようにもともとMackbookで使うことを想定されている製品だと思いますが、そのためか、製品のロゴを含めてポート類の配置も、PCの左側に置いたときにいい感じになるようにデザインされています。なので、USB Type-Cポートが右側にあるGPD PocketだとHDMIケーブルを挿したときにちょっと邪魔な感じになります。

▲ケーブルが外側に広がっていく・・・

上下リバーシブルなデザインだとよかったのですが、流石に難しいのでしょうね。あとは本体から出ているケーブルを左右で入れ替えられるようになっていれば。価格が上がりそうですけど。

まとめ

今回はGPD Pocketで使う目的で購入しました。GPD PocketにはUSB Type-Aがあるのでハブとしては不要と言えば不要ですが、HDMIが使える、そしてSDカードスロットがあるという点で持っていても損はないと思います。

▲Type-AをUSBストレージで占有できるというメリットも。

AUKEY USB C ハブ 6 in 1 マルチハブ HDMI SD & microSD カードリーダーUSB 3.0*3ポート USB C 充電ポート(PD対応)MacBook Pro, Dell XPS 15, Google Chromebook など対応 (シルバー)CB-C59
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_
タグ: , , , ,

back to top