シンプルな7.9インチタブレット Alfawise Tabレビュー。素のAndroi 6.0を搭載

素のAndroidが好きな人には良さそう

中国のECサイトGearBestから、Android 6.0搭載の7.9インチタブレット、Alfawise Tabをレビュー用に提供頂きました。

Alfawiseというメーカーを知らなかったのですが、公式サイトを見てみると、窓ふきロボットやキッチン家電などを手掛けているメーカーのようです。

7.9インチ iPad miniクローンのAlfawise Tab

肝心のタブレットですが、サイズは7.9インチ。いわゆるiPad miniクローンに分類されるタブレットです。

主な仕様は下記。同じく7.9インチのMi Pad 3と比較してみます。

仕様Mi Pad 3Alfawise Tab
ディスプレイ7.9インチ7.9インチ
解像度2048×15362048×1536
SoCMediaTek MT8176MediaTek MTK8173
RAM4GB4GB
ストレージ64GB64GB
バッテリー6600mAh6200mAh
カメラ13MP f2.2 / 5MP f2.08MP / 5MP
Bluetooth4.04.0
Wi-Fi802.11 b/g/n/ac802.11 b/g/n/ac
高さ200.4mm204.0mm
132.6mm135.0mm
厚さ6.95mm7.0mm
重さ328g368g

オーソドックスな外観

ベゼルはやや広めですが、横持ちするタブレットはこれぐらいあったほうが持ちやすくはあります。ホームボタンなどもオンスクリーンではなく外に出ている昔ながらのデザインです。

alfawise tab

背面は8MPのカメラのみ。

alfawise tab

底面はUSB Type-Cとスピーカー。スピーカーはタブレットにしては結構いい音がします。

alfawise tab

上面に電源と3.5mmジャック。慣れかもしれませんが、上面の電源ボタンは少し使いづらいです。

alfawise tab

右側面にボリューム。左側面はマイクがあるだけです。ちなみにSIMは挿せません。

alfawise tab

Mi Pad 3と並べると、Alfawise Tabのほうが若干サイズが大きいです。

alfawise tab

AOSP版のAndroidを搭載

中華タブレットというと、中身がカスタマイズされていることが多いのですが、意外なことにAlfawise Tabは素のAndroid 6.0を搭載しています。完全にAOSP版なのかは不明ですが、独自アプリなども入っておらず、非常にスッキリしています。

Android 6.0、しかもセキュリティパッチが2016年3月で止まっていたりするのを見ると、今後アップデートは来ないのだろうなという気しかしませんが、そこに目をつぶれば、独自UIで日本語化も面倒だったりするMIUIなどよりも手軽でいい気はします。

ベンチマーク結果は下記。

ベンチマークソフトMi Pad 3Alfawise Tab
AnTuTu8132770673
Geekbench(シングル)15951467
Geekbench(マルチ)38052952
3DMark742487

Mi Pad 3より1つ下のSoCだけにスコアも全体的に下がっています。とはいえ、普通に使う分には特に引っかかりやもたつきなどもなく、快適に使えています。

価格なりではあるけれど

単に8インチタブレットというのであれば、国内でもHUAWEIのMediaPadなど1万円台後半から購入が可能です。ただ解像度がFHD以下だったりRAMが2GB~3GBだったりするものが多いのも事実。

そんな中で解像度が2048×1536、RAM4GBのタブレットが2万円台前半(現在セール中で2万円以下)なのはなかなかにお買い得と言えそうです。

alfawise tab

ただ先にも書いたように、今後アップデートは期待できないのが前提です。マイナーな機種だけにカスタムROMも難しいでしょう。自分で作れるのなら別ですけど。

back to top