AirPodsをワイヤレス充電対応にするシリコンケース「PowerPod」。便利な反面、難点も

手軽さは充電スタンドと大差ないです

Kickstarterで出資していた、Appleの完全ワイヤレスイヤホンAirPodsをワイヤレス充電にできる「PowerPod」が届きました。

物としては、AirPodsの充電ケースに被せるシリコンケースのようなもの。

内側にLightning端子があり、ケース表側にワイヤレス充電(qi)のコイルが入っています。

背面にはPowerPodのロゴ。

肝心の充電ですが、当然ながら問題なくできます。

置くだけで充電できるのは、便利と言えば便利。

ただ難点もいくつかあります。まず、これまでの写真で分かるように、埃がめちゃくちゃ付きやすい。シリコンなので仕方がないのですが、黒以外の色も欲しかったところです。

また、コイルが小さいため、スタンドタイプの充電台では充電が行えません。平置きタイプの充電台の中心に置く必要があります。

その充電についても、本体にインジゲーターが無いので、充電されているかどうかが判断できません。大抵の充電台にはステータスLEDがあるので、それで確認することになります。

正直なところ、充電の手軽さでいうと、以前に紹介したOittmの充電スタンドと大差ありません。

▲Oittmの充電スタンド

ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリを持ち歩き、AirPodsを出先で充電したいという場合には重宝するかもしれませんが、そこまでしなくてもいいかなぁというのが現在の感想です。

9月にはApple純正のワイヤレス充電台AirPowerが発売されるとの噂がありますが、おそらくはAirPodsのワイヤレス充電ケースも同じタイミングで出てくるものと思います。

ちなみに、今回のPowerPod以外にも、いくつかのワイヤレス化アイテムがリリースされています(予定も含む)。一刻も早くワイヤレス化を……と望むのであれば、これらを検討してみる価値はあるかもしれません。

back to top