UQ Mobile向けAQUOS Lのファーストインプレッション arrows M03よりも女性向けなイメージの端末でした

UQ Mobileの新端末 AQUOS Lを触る機会があったので、ファーストインプレッションについて書いてみます。

auの冬モデル AQUOS U SHV37のUQ Mobileモデル

AQUOS Lはシャープ初となるUQ Mobileですが、実際にはauから冬モデルとして発表されたAQUOS U SHV37のUQ Mobileモデルです。
こういう場合、型番が変わるのが普通だと思うのですが、AQUOS Lの型番もSHV37だったります。
製品名を変える意味はあったのかな?

スペック的にはSnapdragon 430に2GBのRAM、ストレージも16GBという感じのミドルクラス端末です。

写真レビュー

最近では小型に分類されることも多い5インチの端末ですが、ミドルの端末らしくベゼルなどはやや厚めです。
そのため、手に持った感じもそれなりのサイズ感を感じます。

ディスプレイは最近はやりの2.5Dで保護シートは大変そうです。

背面はアルミ(?)で指紋が目立たないような仕上げになっています。

正面向かって右側面に電源とボリューム。
下部にはストラップホールもあります。

左側面にはカバーされたSIMスロットとmicroSDスロット。

開けるとこんな感じ。
防水端末なのでカバーにはパッキンがあります。

上部には3.5mmジャック。

底部にはmicroUSB。

ブルーはとても綺麗な色

UQ Mobileから発売されるAQUOS Lはブルー、ホワイト、ピンクの3色ですが、この中でブルーはauモデルにはないUQ Mobileのオリジナルカラーです。

そしてこのブルーがとてもきれいです。

ただ、製品版では違うかもしれませんが、ブルーだけボタンがシルバーでした。
また、ホワイトとピンクは正面のフレームもそれぞれの色に合わせてあるのですが、ブルーだけはブラックになっています。

ここもブルーで統一してほしかったなぁ。

シャッター音が妙にカッコいい

これまでAQUOS端末をあまり弄ったことがないので、他のAQUOSと共通なのかもわかりませんが、シャッター音が妙にカッコよかったです。
無駄に大きかったり甲高かったりせず、機械式のシャッターのような雰囲気の音。

ちなみにフォーカスはそれなりに速く、シャッターラグもほとんど感じませんでした。

arrows M03がライバル

おサイフ使えるし、防水だし、値段次第ではありますが、結構良さそうな気がします。
富士通のarrows M03が競合になりますが、デザイン的にはこちらのほうが女性受けはしそうですね。

エモパーとかヒカリエモーションなどの要素も、質実剛健的な(MIL準拠なので間違ってはいないのだけど)arrows M03よりも女性的な印象です。

発売は12月上旬の予定。

なお、UQ Mobileではデータ容量が最大2倍になるキャンペーンを実施中です。

カテゴリ:モバイル・PC