RedMagic 6グローバル発表。Snapdragon 888にRAM12GBで約6万5000円から

ゲーミングスマートフォンとしてはかなり安いですね

NubiaのゲーミングサブブランドRedMagicが、最新モデルRedMagic 6シリーズのグローバルサイトをオープンしました。4月9日からプレオーダーを開始します。

RedMagic 6は、Snapdragon 888を搭載するハイエンドなゲーミングスマートフォン。ディスプレイは6.8インチ FHD+(2400×1080 20:9)でリフレッシュレートは165Hzに対応。タッチサンプリングレートはシングルで500Hz、マルチでも360Hzと、ゲーミング仕様に全振りしたような仕様です。

もちろん、ゲーミングスマートフォンではもはや標準仕様となっているショルダーボタンも搭載します。

冷却機構にも力を入れており、ゲーミングPCとF1レーシングカーにインスパイアされたというICE 6.0多次元冷却システムを搭載。7つの異なる熱伝導率を持つ素材と冷却方法を組み合わせて、優れた冷却性能を発揮するとのこと。

これとは別に、後付けできる冷却ファンのDUAL-CORE ICE DOCKも用意します。ゲーミングらしくファンがRGB発光するのも特徴です。

そのほかの仕様としては、RedMagic 6はRAM 12GB、ストレージ128GB。RedMagic 6 ProはRAM16GB、ストレージ256GB。

背面カメラは64MP+8MP(広角)+2MP(マクロ)の3眼仕様。バッテリー容量は5050mAhで、30Wの高速充電なら65分で満充電になるとしています。なお、最高で66W充電に対応するとのことです。

価格はRedMagic 6が599ドル(約6万5000円)、RedMagic 6 Proが699ドル(約7万6000円)とハイエンドなゲーミングスマートフォンにしては安めです。

これまで通り、すでに日本向けサイトもオープンしており、4月9日には日本からも購入可能になるはずです。

追記:日本国内の正規販売が発表されました。

Source: RedMagic

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。