Razer、60%小型ゲーミングキーボード「Huntsman Mini」発売

カーソルキーがあれば欲しかった

Razerが同社初となる60%小型ゲーミングキーボード「Razer Huntsman Mini」を発表しました。USB Type-Cの有線キーボードです。

Razerはこれまで、さまざまなゲーミングキーボードをリリースしていますが、テンキーやファンクションキーがない60%キーボードは初めて。こういった小型キーボードは、当然キー数が足りなくなるので、ファンクションなど一部のキーをFnキーとのコンビネーションで補います。

なお、Huntsman Miniにはカーソルキーがありません。ゲームではほぼ利用しないキーだから、という理由かもしれませんが、このキーボードを受け入れられるかどうかの大きなポイントになりそうです。

キースイッチは、Huntsmanシリーズで採用されているRAZER オプティカルスイッチ。従来の金属接点を用いる代わりに光学スイッチとなっており、物理的な接触が部が少ない分、劣化も少なく、1億キーストロークという耐久性を誇ります。

クリッキー(青軸)とリニアの2種類あり、リニアの方は静音性がアップしているとのこと。

そして、ゲーミングキーボードなので当然のように光ります。Razer Synapseでカスタマイズが可能なほか、キーボード内に5つのプリセットが入っており、ソフトを使わなくても切替え可能です。

筐体はアルミ製で、カラーはBlackとMercury(白)の2種類。キー配列はUS配列のみとなります。

価格はクリッキータイプが1万4880円、リニアタイプが1万5988円。ただ、リアニアタイプは執筆時点で在庫切れ表示。売り切れたわけではなく、発売が遅れるようです。

カーソルキー、なんらかの方法で代替えは可能と思いますが、よく利用する人にはつらそうです。ゲーミングということを考えれば、右ShiftやCtrlを犠牲にしないこの配列が正解なのかもしれませんが。

source: Razer

カテゴリ:モバイル