RAVPower、USB-Aも使えるPD 65W充電器を発売

65Wあれば持ち運びには十分ですかね

RAVPowerが、USB-CとUSB-Aを各1ポートずつ備えたGaN採用のUSB充電器「RP-PC133」を発売しました。価格はブラックが4599円、ホワイトが4799円。ホワイトの方が高いですが、性能は同じです。

なお、4月29日までは、クーポンコード「PC133PRT0427」の適用で、1000円オフとなります。

RAVPowerは昨年夏に、USB-C1ポートのみで61W対応のコンパクト充電器をリリースしていますが、それの上位モデルにあたるもの。

サイズが55x55x31.5mm(61Wは49x49x32mm)と一回り大きくなったものの、USB-Aが追加されたことで、汎用性は高まったと言えそうです。

USB-CはPD3.0対応で、5V/3A,9V/3A,12V/3A,15V/3A,20V/3.25Aの最大65Wに対応。USB-AはQC対応で、5V/3A,9V/2A,12V/1.5Aの最大18W出力が可能。

両方を同時に使う場合は、2ポート合わせて最大65Wですが、USB-Cが優先されるようで、USB-Cの出力が45W以上なら最大60W+5Wの65Wに。USB-Cが45W未満なら45W+18Wの63Wになるとのことです。