カテゴリ:News

RAMを8GBに増量、OPPO Reno9 Aが6月22日に発売。直販価格は4万6800円

SoCはSnapdragon 695 5G

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

OPPOは、人気のOPPO Reno Aシリーズ最新モデル「OPPO Reno9 A」を6月22日に発売します。OPPO直営店での価格は4万6800円。

OPPO Reno9 Aは、昨年発売されたReno7 Aの後継モデル。シンプルなデザインとバランスのとれた機能性は踏襲しつつ、それぞれをさらにブラッシュアップしたモデルとなっています。ちなみに、Reno Aシリーズは奇数版だけなので、Reno A、Reno3 A、Reno5 A、Reno7 Aに続く5代目のモデルになります。

価格とのバランスを考えたとのことで、SoCはSnapdragon 695 5GでReno7 Aから変更はありません。代わりに、RAMが6GBから8GBに増量されています。そのほか、仕様面ではReno7 Aから大きな変更はありません。

ディスプレイは約6.4インチ 2400×1080の有機ELでリフレッシュレートは最大90Hzに対応。フロントカメラ(約1600万画素)は左上にパンチホールで搭載します。

▲ディスプレイ下部のアゴは変わらずに広め

背面デザインはOPPO Glowを継承しつつ、素材をガラスに変更。前モデルのポリカーボネートよりも強度も増しており、カバン等に入れていた場合のスリ傷などにも強くなったとしています。

カメラの仕様も変更はなく、4800万画素の広角に800万画素の超広角、200万画素のマクロという3眼構成です。

ただ、ソフト面では若干の進化があり、DCE(Dynamic Computing Engine)があらたに搭載されました。CPUやGPU、メモリなどリソースの配分を最適化するという機能で、これによりアプリの立ち上がりが早くなり、バッテリー消費も抑えることができるとのこと。Reno9 Aの新機能というより、ColorOS 13に組み込まれた機能とのことで、従来機種でもアップデートで使えるようにはなるようです。

ちなみに、DCEにより、バッテリー持ちは数%改善。また、リソースの最適化により、バックグラウンドで保持できるアプリ数は10%以上増えたとしています。

バッテリー容量は4500mAh、IP68の防水防塵、FeliCa搭載でおサイフケータイに対応。また、マイナンバーカードの登録にも対応しているとのことです。

Reno7 Aから買い替えるほどのインパクトはありませんが、スタンダードなミドルクラススマートフォンとして人気が出そうな端末です。

  • 質量:約183g
  • サイズ(W×H×D):約74mm×160mm×7.8mm
  • 連続通話時間:約1,950分
  • 連続待受時間:約440時間
  • 電池容量  :4,500mAh
  • 充電時間:約118分(18W PD/QC対応充電器使用時)
  • 急速充電:USB Power Delivery Revision2.0、Qualcomm Quick ChargeTM2.0
  • OS:ColorOS 13(based on Android13)
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 695 5G オクタコアCPU:2.2GHz×2+1.8GHz×6
  • 内蔵メモリ(RAM):8GB(最大16GB相当まで拡張可能)
  • 内蔵ストレージ(ROM):128GB
  • 外部メモリ:microSDXCTM 最大1TB
  • SIMカードスロット:排他的デュアルSIMカードスロット、SIM1(nanoSIM)+SIM2(nanoSIM)/microSD
  • SIMタイプ:nanoSIM+eSIM
  • ディスプレイ:約6.4インチ/フルHD+(2,400×1,080)/有機EL(AMOLED)/リフレッシュレート90Hz
  • アウトカメラ:[広角]約4,800万画素(F値1.7)、[超広角]約800万画素(F値2.2/画角120°)、[マクロ]約200万画素(F値2.4)
  • インカメラ : 約1,600万画素(F値2.4)
  • USBポート:USB Type-C/USB2.0対応/OTG対応
  • 生体認証:ディスプレイ指紋認証/顔認証
  • 防水/防塵機能:IPX8・IP6X
  • おサイフケータイ:対応
  • WiFi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac  テザリング対応
  • Bluetooth:Ver.5.1
  • FMラジオ:対応(有線イヤホン装着時)