楽天モバイルでRakuten Miniを契約。3.6インチのおサイフケータイ

思っていたよりもバッテリーは持つ印象

MNOとしての楽天モバイルの無料サポーター、その2次募集に当選したので早速Rakuten Miniを契約してみました。

Rakuten Miniはネットでは買えず、一部店舗でしか販売していないのですが、その店舗の予約が取りづらく、やっと取れたのは当初は2月半ばの予約でした。しかし、対応人数が増えたのか、MVNOの対応を近隣店舗に回したためなのか、急に予約枠が空きだしたので、前倒しで予約を取り直し。ちなみに、店舗での対応(日曜日の昼過ぎ)を見る限り、予約をしなくてもそれほど待たずに対応してもらえそうでした。

ということでRakuten Miniです。3.6インチ 1280 x 720のTFT液晶。かなり小さいと感じますが、数年前まではこれが普通のサイズでしたね(4インチオーバーは大きいと言われていました)。SoCはSnapdragon 439でRAM3GB、ストレージ32GB。バッテリー容量は1250mAh。一応IPX25の防水防塵に対応しています。

▲高級感とは無縁ですが、安っぽくはありません
▲正面向かって右下にはストラップホールも

端末の出来というか質感だけなら、PALMのほうが上と感じます。

しかし、Rakuten Miniの魅力は、なんといってもこのサイズでおサイフケータイに対応していること。持ち歩くにも苦にならないサイズなので、おサイフ専用端末として運用するのもアリではないかと思えます。

ちなみに、画面サイズは小さいですが、Twitterやメールの確認ぐらいは問題なく行えます。動作速度もイメージするほどには悪くなく、メイン端末としても使えなくはないかもしれません。

▲AnTuTuとGeekbenchの結果

ただ難点は電池持ち。待ち受けだけで、朝から夜まで余裕で持ちますが、いざTwitterやウェブブラウズを始めると、2~3分で1%バッテリーが減る感じです。

▲使い始めると急激に減ります

それでも、朝晩の通勤通学時間や昼休みに弄る程度なら問題はないでしょうか。休日に、これだけを持って1日出かけるのは避けたいところですが、バッテリー容量が少ないので、小さいモバイルバッテリーでも持っていれば安心はできそうです。

とりあえず、どんな使いかたができるのか、楽天モバイルの回線ともども、いろいろと試してみたいと思います。