Qualcomm、次世代オーディオコーデック「aptX Adaptive」発表

高音質で動画を観たい場合、有線しかないということ?

Headphone

Qualcomm(の子会社であるQualcomm Technologies)が次世代オーディオコーデック「aptX Adaptive」を発表しました。

現在の高音質をうたうオーディオコーデックは、基本的に音楽再生以外には向いておらず、通信環境によっては動画と音がずれてしまったり、接続が切れてしまうこともあります。

これに対応するため、aptX Adaptiveは、再生されているコンテンツや通信状況にあわせ、自動的にパフォーマンスの調整を行います。

例えば、自宅で音楽を聴くような場合には音質重視、動画視聴やゲームなら音ズレを防ぐために低遅延重視にするといった具合です。

また、Bluetooth接続のヘッドフォンは、環境によりブツブツと接続が切れることがありますが、この辺りも考慮されており、切れにくくなるとのことです。

aptX Adaptiveに対応するQualcomm CSRA68100とQCC5100は9月にパートナー企業への提供が開始されます。これを組み込むとAptX Adaptive対応のヘッドフォンやスピーカーが作れるわけです。ただ、送信側(スマートフォンなど)の対応も必要となりますが、こちらは12月以降、Android 9 Pieの端末で利用可能になる予定とのこと。

ちなみにiPhoneなどApple製品は、高音質コーデックとしてAACを採用しており、aptXには非対応です。

(source Qualcomm(1), (2))

back to top