カテゴリ:News

QMK/VIA対応の80%メカニカルキーボード「Keychron K8 Pro」国内販売開始

ノーマルなK8を使っていますが、使いやすいサイズ感です

コペックジャパンが、メカニカルキーボード「Keychron K8 Pro」の国内販売を開始しました。ひとまずUS配列の販売を先行して開始し、日本語配列も入荷次第順次発売するとのことです。

Keychron K8 Proは80%のワイヤレスメカニカルキーボード。すでに「Keychron K8」が国内販売されていますが、キーキャップがOEMプロファイルからOSAプロファイルに変更。そして、自作キーボードでおなじみのQMK/VIAをサポートするのが変更点。

スイッチはGateron G Proで赤軸、青軸、茶軸から選択可能。ホットスワップに対応しているので、あとからMX互換のメカニカルスイッチと変更可能です。このほか、タイピング体験をアップグレードするためにプレートや吸音フォームなど、徹底的に再設計されたとのことです。

価格はWhite LED版が1万8480円、RGB版が2万900円。キースイッチとキーキャップを含まないベアボーンキットが1万6280円。