キヤノンの望遠鏡型カメラPowerShot ZOOMが11月に一般販売

使いどころが難しいカメラだけど、スポーツ観戦とかにはいいのかな?

キヤノンが、9月にMakuakeで先行予約を実施していた望遠鏡型カメラPowerShot ZOOMを11月中旬に一般販売すると発表しました。

PowerShot ZOOMは、35mm換算で焦点距離100mm、400mm、デジタルズーム800mm相当の望遠機能を備えたカメラデバイス。プレビュー用のディスプレイは備えておらず、望遠鏡のようにのぞき込んで使うのが特徴です。とはいえ、スマートフォンと連携することで、スマートフォンにライブビューを表示することも可能。

動画は1920x1080(29.97/23.98fps)で撮影可能。ただし動画1本9分59秒までの制限があります。静止画は4000x3000。データはmicroSDXCに記録します。

価格はオープンですが、公式ショップでの価格は3万5180円(税別)。すでにビックカメラやヨドバシなどの量販店でも予約の受付が始まっています。

source: Canon

カテゴリ:モバイル