全自動DIGAとMOVERIOの組み合わせで幸せになれるのか?

EPSONからお借りしているMOVERIOとPanasonicからお借りしている全自動DIGA、この2つを組み合わせれば視聴環境としてはかなり快適になるんじゃないかと思い使えるか試してみました。

MOVERIO側で使用するのはTwonky Beam for MOVERIO。AndroidでもおなじみのTwonky BeamのMOVERIO版です。

DIGA、DMR-BRX4000はDLNAに対応しているのでMOVERIO側からちゃんと認識できます。

Dream Seed » MOVERIOはNasneに録画した番組も視聴可能 MiracastでAndroidの画面表示にも対応

あとはnasneを使うのと同じ感覚で利用可能です。

チューナーから現在放送中の番組も視聴可能(キャプチャは撮れませんでした)。

録画した番組ももちろん再生可能です。

ただ、持ち出しについては、うまくいきません。

DIGA側であらかじめ「持ち出し番組の作成」をしておいても、転送でエラーになります。

機器の対応表を見てみると、以前のDIGAシリーズは大体がTwonky Beam for MOVERIOで持ち出しをサポートしているようですが、DMR-BZT9600という機種だけ持ち出し非対応なんですよね。DMR-BRX6000/4000/2000もこれと同様に非対応なんでしょうか?

この辺はもう少し検証したいと思います。

そんなわけで、現状では家の中でネットワーク越しに放送中の番組や録画した番組を見ることはできますが、番組の持ち出しはできないという結果になりました。

残念。

カテゴリ:News