コクヨのデジタルノートCamiApp Sのスタイラスにジェットストリームの替芯を挿してみた

コクヨのデジタルノート CamiApp Sは専用ペンが必要ですが筆記部自体は市販のボールペン替芯を流用可能です。

コクヨのデジタルノート、CamiApp Sがやってきた – Dream Seed

上記の記事中で「ジェットストリームのリフィルが使えるらしいけど自分では未検証」と書きましたが、個人的にもジェットストリームのほうがいいし、せっかくなのでリフィルを交換してみました。

適合するリフィルはSXR-89-05/07/10というもの。

ようするに、uni Style Fit用のジェットストリームリフィルです。

ジェットストリームのリフィルには他にもいろいろ種類がありますが、他のものでは流用できないので注意してください。

リフィルのカラーは黒、赤、青がありますが、今回購入したのは黒の0.7mmです。

ただのリフィルの割には凝ったパッケージです。替芯をこれに入れて持ち運ぶこともできますね。

スタイラス側の芯は頭を外して芯の部分を引っ張れば簡単に抜けます。

後はジェットストリームを差し込んで、頭を元通りにすれば完了です。芯を差し込むとき、最後に抵抗を感じるところまで押し込まないと収納状態でもペン先が飛び出してしまうので注意してください。

交換後も使用、文字認識等問題なく使用できました。

もしCamiApp Sでジェットストリームが使えたら……っと思っている人はお試しあれ。

参考までに、CamiApp Sのスタイラスに入っていたボールペン芯は長さ98mm(先端の金具の部分含む)でした。

カテゴリ:文具