一眼レフのような背景のボケた写真を撮れる「背景ぼかし」のapkがXDAで配布中

T-Mobile向けのXperia Z1Sに搭載されている「background defocus」のカメラプラグインが早くもXDAで配布されています。

T-Mobile向けXperia Z1sのbackground defocus機能 | Dream Seed

Xperia Z系のカメラへの追加機能として動作するプラグインでZ、Z1、Z Ultra、Z1 f、ZRなどで動作します。インストールにrootは不要です。

使い方は、まず撮影モードとして「背景ぼかし」を選びます。

あとは被写体にタッチしてから撮影。この際、被写体にピントが合った状態、全体にぼかした(ピントがあっていない状態)の2回シャッターが切られます。

撮影後はこんな感じで背景のぼけ具合を指定します。これはやや強めにぼかした状態。

こちらは、ぼかさない状態です。

指定した被写体と同じ面上というか、ほぼ同じ距離にあるものはボケないので、強く掛けると不自然な感じになりますね。デフォルトの中間くらいがちょうどいいみたい。机上だと被写体以外も残りがちになるので難しいです。

ぼかし方はノーマルの他に横に流したり、

縦に流したりも出来ます。躍動感を出すにはいいかも。

写真のサイズも指定可能です。

Lumiaのrefocusと比べると大分見劣りする機能ですが、使いこなせればそれなりに便利という気はします。

(via juggly)
(source XDA-developers)

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。