最近のスマートフォンに採用されているイメージセンサのサイズを調べてみた

Sensor_Size_Comparison 4

先日、Xperia i1 honamiには1/2.3型のイメージセンサが搭載されるという話がありましたが、この1/2.3型というのは一般的なコンデジに搭載されているものと同じサイズになります。

撮れる写真の良し悪しはイメージセンサのサイズだけで決まるわけではありませんが、やはりイメージセンサが大きいのは画質的に有利です。なので、最近のスマートフォンに搭載されているイメージセンサのサイズを調べてみました。

端末センサーサイズ画素数
iPhone 51/3.2型800万
Galaxy S41/3.06型1300万
Xperia Z1/3.06型1300万
HTC One1/3型400万
Lumia 9251/3型870万
Xperia honami1/2.3型2070万
Lumia 10201/1.5型4100万
808PureView1/1.2型4100万

こうやってみるとhonamiに搭載される1/2.3型というのはスマートフォンとしてはかなり大きいということがわかります。まぁ、Lumia 1020、808PureViewは別格ですけど。

重ねてみるとこんな感じ。オレンジ色の「Sony Cyber-Shot」の部分が1/2.3型です。

Xperia Z、Galaxy S4の仕様が同じなのは、同じSonyの裏面照射積層型センサー「Exmor RS」を採用しているためです。モバイル向けのExmor RSには1/3.06型と1/4型があるため、Exmor RSを採用しているハイエンド機は大体1/3.06型になります。

ちなみに、高級コンデジとして人気のあるSonyのDSC-RX100M2は1型のセンサーを搭載しています。これもコンデジとしては破格の大きさですね。

なお、上記の図はSensor Sizeというサイトを利用して作製しました。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。