高低差25m、全長109mのローラー滑り台がある昭和の森に行ってきた

息子さんが「長い滑り台をしたい」と言っていたので、千葉にある昭和の森に行って来ました。ここには千葉県内では最長となる109mのローラー滑り台があります(なお、日本一の滑り台は茨城県、奥日立きららの里で全長877m。ローラー滑り台としては日本平の390mが最長)。

この公園、入園は無料。駐車場も1日400円とリーズナブル。他のロング滑り台では滑り台自体が有料だったりするようですが、ここでは無料です。

天気が良かったということもあり、午前中から滑り台には行列ができてました。ただ回転は早いのでそんなに待ちません。

とりあえずHTC Oneで撮影。最初に乱れているのは思いの外滑りが良くて焦ったからです。35秒あたりで乱れるのは、お尻が熱くてどうしようもなくなったから……。

周りの人がみんなおしりに引くプラスチックの板を持っているのは気になっていたのですが、大丈夫だろうと高をくくっていたら本当にやばかった。でも奥さんや子供さんはなんともなかったようなのでやっぱり体重の問題か……。

そんなわけでアイテムをゲット。1つ600円で売ってました。高いけど背に腹は変えられない。これからいく人はダンボールを持参するなりしたほうがいいかも。

おしりに板を敷いて、こんどはE-M5で撮影。娘さんは板を敷かずに足をバタバタさせていますが、無意識に足と手でブレーキを掛けてしまっているためで、実際にはめっちゃ滑ります。

そしてこの公園、ローラー滑り台だけでなく、各種アスレチックも充実。そして何より広い。東京ドーム23個分の広さなんだとか。この東京ドームという単位はあまりピンとは来ないんですけどね。

もう少し近ければ頻繁に行きたいところですが、高速使って片道2時間弱というのはちょっと遠いなぁ。

(link 昭和の森)

カテゴリ:日記