トレーシングペーパーでLEDリングライト用のなんちゃってディフューザーを作ってみた

先日購入したLEDリングライト、マクロ撮影では光が強すぎて使いづらかったのでなんとかならないかとちょっと工作してみました。といっても写真のようにトレーシングペーパーでディフューザーっぽいものを作ってみただけですけど。ちなみにトレーシングペーパーは4枚重ねにしています。

まず照明なしで撮影。モデルはRX-0 ユニコーンガンダム2号機バンシィです。

続いてLEDリングライトを使用。コントラストが強めですが、これはこれでOKな気がします。

トレーシングペーパーのなんちゃってディフューザー使用。全体にソフトな感じになりました。これなら使えそうです。

おまけで内蔵フラッシュ使用。被写体との距離が近すぎて、足元が影になってしまいました。

なんちゃってディフューザーは結構使えそうなので、LEDにリングライトをお蔵入りさせずに済みそうです。

カテゴリ:雑記