宅配クリーニングのリネットを使ってみた

普段はスーツやワイシャツも自宅で洗濯してしまう(自宅で選択できるスーツ、形状記憶のワイシャツを買うようにしています)のでクリーニングに出すことはないのですが、先日使った礼服は家でさすがに家では洗濯できそうにありません。次にいつ着るかもわからないしクリーニングに出すことにしました。といっても馴染みのクリーニング屋があるわけでもないですし、近くのクリーニング屋まで持っていくのも面倒だったので、最近広告をよく見かける宅配クリーニングのリネットを使ってみました。

まずコンビニ持ち込みか集荷に来てもらうかを選択します。集荷はクロネコヤマトが担当。こちらのほうが手間がかからないですが、今回はコンビニ持ち込みにしてみました。リネットのサイトで必要事項を記入しする2〜3日で写真の専用バッグと着払いの宅配伝票が届きます。このバッグ、20着程度は入るそうです。

あとはこれをコンビニ(セブンイレブン等、クロネコヤマトが使えるところ)に持ち込めば終わりです。

リネットに荷物が届くと、料金の案内がきます。支払方法はクレジットか代金引換ですがクレジットの場合も上記で必要事項を記載したときにカード番号を登録するのでここでは料金の確認のみで何かをする必要はありません。今回は、礼服の上(1200円)、礼服下(900円)、ワイシャツ(240円)、奥さんのジャケット(900円)の4点で3,240円でした。料金が3,000円未満の場合、別途送料として1,050円が必要になります。

5日ほどで上記のような段ボールでクリーニングされたものが送り返されてきます。なお、荷物の着日や時間もサイト上から指定可能です。

中はこんな感じ。今回、礼服にハンカチを入れっぱなしで出してしまったのですが別の袋に入れて返送されてきました(この分はクリーニングされておらず、料金もかかっていません)。

また、礼服に一部シミ(というかカビ)があったのですが、この部分はほとんど目立たなくなっていました。ただ、「繰り返しシミ抜きをしましたが完全には落ちませんでした。次回は有料シミ抜きをお試し下さい」というメモ書きが添えられていました。ちゃんと1点1点確認して作業してくれているのですね。

送った時の専用バッグも次回に使う着払い伝票とともに同封されていました。

普通のクリーニングに比べたら若干高めかもしれませんが、持ち込んだり取りに行ったりという手間もないですし十分ありですね。次にクリーニングに出すときにもまたお世話になると思います。

カテゴリ:その他