じゃんぱらが「なめらかガラスコーティングサービス」を開始

市販のコーティング剤とは違うのだろうか?

スマートフォンやパソコンの買取・販売を手掛けるじゃんぱらが、ガラスコーティングサービスを開始しました。

スマートフォンやタブレット、スマートウォッチなどの画面に、コーティング剤によりガラスコーティングを施すサービス。約10分で施工でき、強度は鉛筆硬度は10H。フッ素材ではなく、シリコンを利用しているとのこと。

ガラス被膜を作るガラスコーティング、滑りを良くするなめらかコーティング、両方を施工するなめらかガラスコーティングに分かれており、端末購入時に同時に依頼する場合のスマートフォンでの価格は3980円。なお、タブレットは6980円、スマートウォッチは2980円。

ガラスコーティングの効果は約1年、なめらかコーティングは約半年持続するとしています。

正直なところ、LIQUID_hackなどで自分で施工したほうが、大幅に安上がりな気がしますが、価格からしてプロ用の器材・材料などを使っている可能性もあり、なんとも判断が難しいところです。

なお、購入時に同時依頼ではなく、持ち込みでも対応してくれますが、その場合は価格が異なるとか。余裕があるなら、転ばぬ先の杖として試してみもいいかもしれません。

Source: じゃんぱら