おひとりさま用高速弁当箱炊飯器に、おかずも温められる2段式が登場

電気式メスティンという感じ

一部で大ヒットしていたらしい、サンコーの「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」に、おかずも一緒に調理できる新モデル「2段式超高速弁当箱炊飯器」が登場していました。

名前の通りに2段式になっており、下側でご飯を炊飯(最大1合)。上側でおかずを調理できるというもの。調理と行っても、温めや蒸し料理がメインとなりますが、炊飯中にレトルトのカレーを温めたり、野菜を蒸したりといったことが可能です。

もちろん、ご飯だけを炊くことも可能です。調理時間は0.5合炊飯+おかずの場合で15分~19分、1合炊飯+おかずで21分~24分。

調理にはAC100Vが必要ですが、消費電力は185Wなので200W対応のモバイル電源などでも利用は出来そうです。

以前に紹介したツインシェフの小型版といった趣もありますが、1人暮らしでコンビニ弁当ばかりなのも飽きてきた……という人には、自炊するほどではないけど、炊きたてご飯と温かいおかずを食べらるのでいいかもしれません。

source: サンコー

カテゴリ:モバイル