最初で最後のMeeGo携帯 Nokia N9がやってきた

世間ではiPhone 4Sの話題で持ちきりですが、そんな中、我が家にもやってきました。Nokia N9です。先日、山根さんがマレーシアにN9を購入しに行った際に、購入代行を依頼。香港に戻ってからEMSで発送して頂きました。EMS料込みで47,500円。山根さんはこの日に合計18台を購入したそうです。

そんなわけで、さっそく外観レビューです。

箱はいまどきな立方体。箱が青いのがNokiaっぽいといえばNokiaっぽいです。中身は引き出し式。

付属品はシリコンカバー、microUSBケーブル、ヘッドフォン、AC-USBアダプタ。ACプラグはBFタイプなので残念ながら日本では使えませんが、変換アダプタをおまけで頂きました。

本体正面。物理的なボタンは一切ありません。

背面もシンプル。カメラはNokiaのNシリーズらしくカールツァイスレンズの8Mです。カメラは、ExifをみるとF2.2、28mmのようです。背面にあるシールを剥がすと保障がなくなるということなので、剥がすかどうかちょっと悩んでます。

向かって右側面。ボリュームキーと電源ボタン兼用のロックボタンがあります。本体にあるボタンはこの3つだけです。

左側面にはなにもありません。

底面にはスピーカー。

上面には3.5mmオーディオジャックとmicroUSBポート、SIMスロットがあります。

microUSB、SIMスロットが変わっていて、まず、①というフタをあけるとmicroUSBポートが出てきます。その状態で②をスライドさせると、SIMホルダーが出てくるという仕組みです。ここはもっとシンプルで良かったんじゃないかと思うのだけど、こだわる理由があったのかな?

サイズ比較。右からiPhone4、N9、Desire Sです。寸法的には3台とも近いのですが、背面が若干丸みを帯びている分、Desire Sが一番持ちやすく感じます。

厚みはiPhone4より少し厚いです。

N9で写真を撮ってみました。暗い室内ですが良く撮れています。手前にピントがあって、背景はぼけているのがわかります。

同じ状況でiPhone4だと全体にピントがあいます。色もちょっときついかな?それにしてもiPhone4のカメラは優秀ですね……。


マクロ撮影のサンプル。クシャトリヤは逆光気味でイマイチだけど、これだけ撮れれば十分ですかね。

最後に操作の様子を撮影してみたので貼っておきます。ものすごくヌルヌル動きます。iPhoneともAndroidとも違う感覚。WindowsPhoneもヌルヌルだというけれど、こんな感じなのかな?

中身についてはまた別に。

カテゴリ:レビュー