Pixel向けにAndroid 12配信開始

全体にメニューの文字が大きく見やすくなりました

Googleは10月19日(現地時間)、Pixel 6の発表に合わせ、Android 12をPixel端末向けに配信開始しました。対象はPixel 3以降。Samsung GalaxyやXiaomi、OPPOなどは今年後半にリリース予定としています(海外での話ですが)。

すでにAOSPではソースが公開されていましたが、端末向けに配信されるのはこれが初めて。Android 12ではUIデザインが一新され、新しい「Material You」を採用。これに合わせてウィジェットのデザインも、ポップな雰囲気に更新されています。また、これまでで最もパーソナルなOSだともしており、壁紙に合わせてシステム全体の色味が変更されるダイナミックカラーエクスペリエンスを採用。Pixelで最初に利用可能となりますが、まもなく、より多くのデバイスでも利用できるようになるとのこと。

デザイン面だけではなく、パフォーマンスも向上しており、コアシステムサービスで使用するCPU時間を22%削減、ビッグコアの使用も15%削減されています。アプリの起動時間なども改善されているとのこと。また、機械学習も高速化されたとしています。

そのほか、プライバシーダッシュボードによるカメラたマイク、位置情報の利用状況確認、クリップボードの読み取り通知など、プライバシー関連の強化も行われています。

▲プライバシーダッシュボード(左)とクイック設定パネル(右)

Source: Google