意外と分厚いPixel 5のバイオレジンを削り取る動画公開

金属筐体なのにワイヤレス充電に対応するPixel 5。これまでX線画像や分解動画などが公開されており、背面の一部が切りかかれ、その表面をGoogleがバイオレジンと呼ぶ樹脂材料で覆われていることは判明しています。

iFixitがPixel 5の透過壁紙を公開。コイル位置や背面切り欠き位置も分かりやすく
iFixitがPixel 5のX線写真を公開。それを使った壁紙も公開しているので、Pixel 5に設定してみました。中央のワイヤレス充電コイルの位置もわかるので、充電器に置くときに便利かもしれません。 ところで、度々話題になる、Pixel ...

では、その樹脂の厚さはいかほどなのか?気にしている人がどれだけいるかはわかりませんが、スマートフォンの曲げテストやスクラッチテストで有名なJerryRigEverythingが、その表面を削っています。

動画を見ると、全体的にかなり厚めに樹脂で覆われているのがわかります。むしろ、樹脂筐体と呼んだ方がいいのではと思うほど。実際のところ、金属が占める割合は少なそうです。

とはいえ、その金属が強いのか、あるいはバイオレジンが強靱なのか、折曲げにはかなり強い様子。思い切り力を掛けると少しだけしなりますが、ディスプレイが割れることもないようです。

Pixel 5のバイオレジンは手触りもよく、ケースを着けずに使っています。キズにも強そうなので、今後同様の質感のスマートフォンが増え欲しいところ。

タイトルとURLをコピーしました