Pixel 3 / 3 XL発表。日本モデルはFelica対応で11月1日発売、価格は9万5000円~

Not Pink。では何色なのか……

日本時間10月10日午前0時から開催されたMade By Googleイベントにて、Googleの最新スマートフォン Pixel 3 / 3 XLが発表されました。

といっても、すかっり見慣れてしまった感があり、目新しさはないのですが。

噂とは違っていたのはカラー程度でしょうか。ピンク系の名称は「サンド」との噂でしたが、出てきた名前は「Not Pink」。あとは「Just Black」「Cleary White」と合わせて3カラー展開です。Pixel 2にあった「Kinda Blue(ちょっと青)」と合わせて、Pixelのカラーネーミングはこういう路線でいくのですね……。

肝心の仕様ですが、こちらもほぼ事前の噂通りとなっています。Pixel 3は5.5インチ FHD+、Pixel 3 XLは6.3インチ QHD+。Pixel 3 XLのみ深いノッチ付きです。

SoCはSnapdragon 845でRAM 4GB。ストレージは64GB/128GB。RAMは6GBの上位モデルがあるのではとの予想もありましたが、4GBのみとなりました。Google的にはこれだけあれば十分とのことなのでしょうか?

背面カメラは従来通りのシングル仕様。12.2MP デュアルピクセル 1.4μmセンサーでf/1.8。ハード的にはPixel 2から変化が無いようにも見えますが、シングルカメラなのにロスレスズームが可能なSuper Res Zoomに対応するなど、主にソフト面での変更は大きいようです。

低照度環境にもさらに強くなったようで、発表会ではiPhone XSとの比較も行われていました。

ほかにも、写真を撮る瞬間に目をつむってしまったり、微妙にタイミングがズレたりしたときに、ベストショットに修正できるTop Shot機能を搭載。なんていうとなにかすごそうですが、ようはこれまでもあったLIVE撮影(Pixel 2ではモーション撮影)の応用です。シャッター押す前後の画像も記録し、その中からベストショットを選べるというもの。

また、背面はシングルなものの、フロント側はデュアル仕様に。どちらも8MPで標準と広角の組み合わせ。みんなで写れるグループセルフィーを推しているようです。

その他の仕様としては、バッテリー容量がPixel 3が2915mAh、Pixel 3 XLは3430mAh。Pixelとしては初めてワイヤレス充電(qi対応)に対応しています。

同時に発表されたPixel Standを利用すると、充電中にGoogleアシスタントが使いやすくなり、簡易スマートディスプレイ的に使える様子。ただ、このPixel Standが9504円と10Wのワイヤレス充電器にしては、かなりお高め。

対応はあくまでもPixel 3側だと思うのですが、なにかしらの機能が入っているのでしょうか?

なお、国内版のPixel 3 / 3 XLはFelica対応。おサイフケータイが利用できるとのことです。ちなみにこれは国内版のみで、海外モデルはFelica非対応となっています。

価格はPixel 3の64GBが9万5000円、128GBが10万7000円。Pixel 3 XLは64GBが11万9000円、128GBは13万1000円。いずれも11月1日に発売ですが、Google Storeでは海外から発送されるためか、早くても11月7日~の配送になるようです。

ドコモとソフトバンクでも11月1日に発売を予定しており、少しでも早く手に入れたいならキャリア購入がいいのかもしれません。

(source Google, Google Store)

back to top