カテゴリ:News

スライドキーボード搭載ゲーミングPC「AYANEO SLIDE」、国内予約開始

ゲーム機としてはこれくらいのサイズが使いやすいかも

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

天空が、AYANEOのスライド式キーボード搭載ゲーミングPC「AYANEO SLIDE」の国内先行予約をCAMPFIREで開始しました。現在の価格は12万3040円から。出荷は2024年2月中旬の予定です。

AYANEO SLIDEは、最近増えているディスプレイの左右にコントローラーを搭載したゲーミングPC。6インチのディスプレイをスライドするとキーボードが現れるのが特徴です。

なお、AYANEO SLIDEは、2000年代の端末をオマージュしているとのことです。

同様のスライド端末としては、GPDの「GPD WIN 4」がありますが、それとの違いはAYANEO SLIDEはバネでスライドするということ。

GPD WIN 4は手動でスライドしていく必要がありますが、AYANEO SLIDEは軽く押し上げると、そのままシャカっとバネの力でスライドします。往年の端末にはこのバネ式が多かったのですが、最近では少なくなってきました。

また、スライドしたディスプレイを最大30度まで傾けられるのも特徴となっています。

背面にはネジが一切見えない構造。あらたに3層構造を採用しており、背面に熱が伝わりにくくなっています。排熱設計も見直されており、3本のヒートシンクで効率的に排熱を行います。

そのほか、主な仕様としては下記の通り。

  • Windows 11 Home
  • 6インチ 1920×1080
  • CPU:AMD Ryzen 7 7840U
  • メモリ16GB/32GB(LPDDR5X)
  • ストレージ:512GB/2TB M.2 2280 PCIe 4.0 SSD
  • インターフェース:USB Type-C(USB 4.0)×2、microSDカードスロット
  • 生体認証:指紋認証(電源ボタンに搭載)
  • バッテリー容量:46.2Wh(12000mAh)
  • サイズ:約226×90×28.5 mm
  • 重さ:約650g

キーボードがあるといっても文章入力をガツガツと行えるわけではありませんが、Windowsでは何かとついてまわるパスワード入力などは簡単に行えます。