衣類を手軽に圧縮できる「Pacum」。食品の保存や浮き輪の空気入れも可能

使いみちは多そうな気がする

旅行などの荷物で意外とかさばる衣類を、簡単に圧縮できる「Pacum」が国内クラウドファンディング、きびだんごに登場しました。

このPacum、3月16日にKickstarterでのキャンペーンが終了したばかり。2月中から日本での販売のために動いていたようです。

これが何物かというと、要するに袋の中の空気を抜いて圧縮するガジェット。圧縮袋は専用のものだけでなく、市販されている汎用品でも使えるとのこと。真空パックとはいきませんが、食品の保存などにも使えます。

また、圧縮するだけではなく、逆にボールや浮き輪などに空気を入れることも可能です。

これ自体にバッテリーは搭載しておらず、モバイルバッテリーに接続して使用します。ケーブルはUSB-Cで2A以上の給電能力が必要とのこと。

このPacum、3月16日にKickstarterでのキャンペーンが終了したばかり。きびだんごに来るのが早いですね。

きびだんごでの出資額は6280円から。ちなみにIndiegogoでも販売を行っており、こちらは日本への送料込みで43ドル(約4800円)から。どちらも出荷は5月以降の予定です。

(source きびだんご)

back to top