OPPO、realmeとOnePlusを合わせて2021年5月度にAppleを抜いてスマホシェア世界2位に

単独だと4位か5位

市場調査会社のCounterpoint Researchは7月19日(現地時間)、2021年5月時点での世界スマートフォンシェアにて、OnePlusやrealmeを含むOPPOグループが、Appleを抜き販売シェア世界2位を獲得したと発表しました。

5月時点のスマートフォンシェアは、OPPOが10%、OnePlusが1%、realmeが5%でトータル16%。対してAppleは15%となり、OPPOグループが抜いた形です。ちなみに1位はSamsung。Xiaomiは14%で4位となっています。

ちなみに、realmeは若者向けのオンライン専売の完全子会社。OnePlusは6月にOPPOに統合され、サブブランドとなっています。これらをOPPOグループとして集計するのは少しずるいのではと思わなくもないですが、経営資本が同じなら、それもアリなのでしょう。

日本ではまだ知名度が高いとは言えないOPPOですが、realmeも日本に参入しましたし、せっかくならOnePlusも日本に来てほしいところ。とはいえ、実際のところ売れるのはOPPOのRenoシリーズや、まだ日本では出ていませんがrealmeの低価格端末な気がします。

Source: Counterpoint via PR Times

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。