OPPO、国内モデル第2弾はFelicaに防水対応の「R15 Pro」と廉価版の「R15 Neo」

SIMフリーなFelica機種増えてきましたね

昨日、国内モデル第2弾の予告を行っていたOPPO Japanが、早くもその端末を発表しました。次に国内で出るのはOPPO R15 ProとR15 Neoの2機種です。

まずR15 Proですが、これはグローバルで発売されているものと同じ。ではなく、Felicaにも対応した国内向け仕様になっています。DSDVにも対応したおサイフケータイ端末はOPPO R15 Proが初となるようです。

主な仕様としては、ディスプレイは6.28インチ 2280×1080、SoCはSnapdragon 660、RAM 6GB、ストレージ128GB。背面カメラは16MP+20MP、フロントは20MP。バッテリー容量3430mAh。IPX7相当の防水性能も備えます。サイズは156.5 x 75.2 x 8.0 mm、重さ180g。

もう1つのR15 Neoは、中国ではOPPO A5としてリリースされている別シリーズの端末。国内では分かりやすさ優先でRシリーズとしたようです(R15 Liteにしなかったのはなにか意味があるのかな?)。

主な仕様は6.2インチ 1520×720ディスプレイにSoCはSnapdragon 450。RAM4GB、ストレージ64GB。背面カメラは13MP+2MP、フロントは8MP。バッテリー容量4230mAh。サイズは156.2 x 75.6 x 8.2 mm、重さ168g。

こちらはFelicaや防水には非対応です。

発売日や価格は未発表ですが、8月末には出るのではないかと思います。グローバルでは、すでに後継機種のR17が発表されていたりするが微妙なところですが、Felica搭載は素直に歓迎したいところ。

ちなみに中国での価格はR15 Proが2999元(約4万8000円)、A5(R15 Neo)が1500元(約2万4000円)となっています。

(via Engadget)

back to top