OnePlus WatchはWear OSではなくRTOSベースに。CEOがフォーラムで明かす

Wear OS、どんどん見限られている気がする

3月23日に発表されるOnePlus Watchですが、Wear OSではなく、RTOS(Real-Time OS)で動作するとのことです。

これは、CEOのPete Lau氏がフォーラム内で明らかにしたもの。スムーズで信頼性の高い体験と優れたバッテリー寿命を提供できるため、RTOSをベースに開発されたスマートウェアOSを選択したとしています。

RTOSベースのスマートウォッチは、HUAWEIやXiaomiがリリースしており、やはりバッテリー寿命が長いのが大きな特徴となっています。OnePlus Watchも、バッテリーは1週間以上軽く持つようになりそうです。

ここしばらく、パッとしないWear OSですが、やはりバッテリー寿命がネックになっているのは否めません。Apple Watchのバッテリー寿命も似たようなものですが、あちらはブランドとしても総合力があるので例外でしょう。

ともあれ、OnePlus Watchは、手軽な価格でクラス最高の体験を提供するともしており、その発表が楽しみなところです。

Source: OnePlus via PocketNow

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。