OnePlusの共同創設者が立ち上げたNothing、Essentialの商標を取得

Project Gemを出して欲しい

Androidの父ことAndy Rubin氏が立ち上げたEssential。Essential Phone PH-1をリリースしたものの、残念ながらその後は芳しくなく2020年2月には会社が閉鎖されました。しかし、そのEssentialが意外な形で息を吹き返すかもしれません。

中国OnePlusの共同創設者であるCarl Pei氏が立ち上げた新ブランド「Nothing」が、Essentialのブランドを取得したことが明らかになりました。

Carl Pei氏は、2020年10月にOnePlusを退職し、新ブランドNothingを創設。2021年上半期に初の製品としてワイヤレスイヤホンをリリースするとしており、公式サイト上でカウントダウンが実施されています。

このイヤホン、スマートホームテクノロジーとの統合を焦点にあてており、その後もスマートホームのエコシステムを拡充していく予定です。このため、Essentialブランドのスマートフォンがリリースされるかは定かではありませんが、Essentialではもともと、スマートホームデバイスのリリースも計画されていました。

▲Essential Phoneと同時に発表されていたスマートホームデバイス

また、スマートフォンのような縦長デバイスProject Gemを計画していたのも記憶に新しいところです。

ただ、ブランドを入手したとはいえ、EssentialのエンジニアがNothingに参加したのか、特許関連の扱いがどうなるのかは定かではありません。

ひとまずは、初の製品となるイヤホンの発表を待ちつつ、今後の展開に期待したいところです。

via: 9to5Google
Source: Intellectual Property Office

カテゴリ:モバイル