ワンナンバーフォンはiPhoneでも利用可能。ただし、初期設定にAndroidが必須

これに飛びつく人はAndroidもiPhoneも持っていそうな気がする

ドコモが10月26日に発売した「ワンナンバーフォン ON 01」を購入してみました。ようするにスマートフォンの子機です。

ワンナンバーフォンはドコモが提供する「ワンナンバーサービス」専用の端末で、購入自体には回線契約などは不要です。ただし、SIMを挿したりはできないので、利用するのは別途ワンナンバーサービスを契約したドコモ回線が必要になります。

ワンナンバーフォンのレビュー自体は、すでに各所で行われているので割愛しますが、ざっと説明しておくと通話、SMS、アラーム設定、電卓のみが利用できるベーシックフォンです。

機能はありませんがフィーチャーフォン、あるいはガラパゴス要素がないガラケーと言ってしまったほうが分かり易いかもしてません。

▲iPhone XSと並べたところ

▲ATOMと比較

▲厚みはまったく違いますけど

そんなワンナンバーフォンですが、各所で「iPhoneでは利用できない」とされています。私も公式サイトでその記述を見た気がするのですが、いま探しても見つかりませんでした……。

というわけで、iPhoneで本当に使えないのか試してみたのですが、結論からいうと使えます。ただし、初期設定にAndroid端末が必要です。

ワンナンバーフォンの初期設定には専用のアプリ(ワンナンバー設定)が必要ですが、これがAndroid向けにしかリリースされていません。おそらくは、このためにiPhoneでは利用できないとされているのでしょう。

なので、初期設定時にのみiPhoneのSIMをAndroidに差し替え、ワンナンバーフォンの設定が終わったらSIMを戻せば普通にiPhoneでも使えます。運用状態ではアプリも不要です。

▲設定時はBluetoothでのペアリングを行い、Bluetooth経由で情報の転送を行います。ワンナンバーサービス未加入の場合は、設定時に加入も出来ます

なお、ワンナンバーフォン自体では電話帳の新規登録や編集が行えません。電話帳に新たに追加や、内容を編集する場合は、Android端末上で設定したあと、アプリ経由でワンナンバーフォンにコピーする必要があります(その場合はSIM差し替えなどは不要です)。

そんな感じでiPhone XSを親機にしてみましたが、発着信、SMSの送受信とも問題なくできています。

ただ、iPhoneでの利用が公式に想定されているのかと聞かれると、そこは定かではありません。まず問題ないと思いますが、あくまでも自身の判断でお願いします……。

▲ところで、パッケージにSnapdragonの記載がありますが、SoCは何なのでしょうね?

追記:製造元のZTEのサイトに、Snapdragon 210と書いてありました。

back to top