OneMix 3ProプラチナエディションとOneMix 3S+の国内予約開始

CPUを第10世代Amber Lake Yにアップデート

One-Netbookの国内正規代理店テックワンが、OneMix3Proプラチナエディション、およびOneMix3S+のオンライン予約を開始しました。発売はOneMix3Proプラチナエディションが5月14日で価格は13万9000円(税抜)、OneMix3S+が4月17日で9万6800円(税抜)の予定です。

まずOneMix3Proプラチナエディションですが、名前の通り、12月に国内正規販売が開始されたOneMix3Proの上位モデル。CPUがCore i5-10210Yから、Koiエディションと同じCore i7-10510Yに変更となっています。

最上位モデルが欲しいけど、色がちょっとなぁと思っていた人には良さそうです。

もう一つのOneMix3S+は、CPUがCore m3-8100Yから、Core i3-10110Yにアップデートされたモデル。上位モデルのCore i5には敵いませんが、PassMarkベンチマークスコアは、m3-8100Yと比較して1.7倍になっているとのことです。

いずれのモデルも、筐体はOneMix3Proと同じで、キーボードも日本語キーボードを採用します。

また、5月6日までにOne-Netbook公式サイトで予約すると、「WPS Officeスタンダード版」および「オリジナルスキンシート」がプレゼントされる「4月春の新生活応援キャンペーン」も実施中です。

なお、公式サイトで購入時に、クーポンコード「1CURNV9R1S」を適用すると、3000円の割引が受けられます(私にもアフィリエイト収入が入ります)。

Amazonでも予約受付が開始されていますが、こちらでの購入では割引やオリジナルスキンシートは付属しないのでご注意を。