nuroモバイル、au回線プランを提供開始。国内4キャリア目のトリプルキャリア対応

Mineo、QTモバイル、LINEモバイルがトリプルキャリア対応とのこと

MVNO(格安SIM)サービスを展開するnuroモバイルは、5月8日よりau回線を使ったサービスを開始すると発表しました。これまでにドコモ、SoftBank回線でのサービスも行っており、au回線の追加で国内で4キャリア目となるトリプルキャリア対応になるとのことです。

au回線プランの価格はSoftBank回線プランとほぼ同等。なお、au回線プランの提供にあわせ、ソフトバンク回線のMプラン(データ容量:7GB)で料金が改定され、データ専用SIMは2,300円から2,100円に、音声通話付きSIMは3,000円から2,800円に値下げされます。改定料金は5月利用分より適用されるとのこと。

au回線プラン

プラン名

Sプラン

Mプラン

Lプラン

お試しプラン

容量

2GB

7GB

13GB

0.2GB

料金

データ専用

780円

2,100円

2,980円

500円

データ+SMS

930円

2,250円

3,130円

650円

音声通話付き

1,480円

2,800円

3,680円

1,200円

ドコモ回線プラン

プラン名

Sプラン

Mプラン

Lプラン

お試しプラン

容量

2GB

7GB

13GB

0.2GB

料金

データ専用

700円

1,500円

2,700円

300円

データ+SMS

850円

1,650円

2,850円

450円

音声通話付き

1,400円

2,200円

3,400円

1,000円

SoftBank回線プラン

プラン名

Sプラン

Mプラン

Lプラン

お試しプラン

容量

2GB

7GB

13GB

0.2GB

料金

データ専用

980円

2,100円

2,980円

500円

データ+SMS

音声通話付き

1,680円

2,800円

3,680円

1,200円

また、トリプルキャリア対応を記念し、各キャリアの音声通話付きS/M/Lプランの月額料金を1年間割り引くキャンペーンも実施されます。

詳細は公式サイトで確認してください。

トリプルキャリア対応は、ユーザーの選択肢を多くするため

nuroモバイルは2018年10月に、料金体系を現在のS・M・L・お試しの4プランに集約。分かりやすいと好評で、月平均の申込者数が1.6倍になったとのこと。

その申込者の8割は、SIMのみの契約とのこと。端末は自前で用意する人がおおいとのことです。

このため、au端末を利用している人が乗り換えるにはハードルが高かったようです。そこで、au回線にも対応し、利便性の向上を図るのがトリプルキャリア対応の目的とのこと。

またこの特性のため、分離プランなどの施策はむしろ歓迎したいとのことでした。

back to top