2016.3.19

パラコードでカメラストラップを作ってみました

パラコードのカメラストラップ

ちょっと間が空きましたが、先日から編み始めていたパラコードのカメラストラップがやっと完成しました。

パラコード カメラストラップの作り方

編み方は「4 standard round sennit(四つ組)」

パラコード 四つ組

今回は 「4 Standard Round Sennit」、日本語だと「四つ組」という編み方で編んでみました。参考にしたのはパラコードラヴァーズさん。

paracord lovers/パラコードラヴァース: ■4plait round braidのキーホルダー

パラコード部分の仕上がりは1.2m。1.2mの芯となるパラコード(黒)と芯線を抜いた2.5mのパラコードを4本(黒2本、オリーブドラブ2本)使っています。

使っているパラコードの太さは直径4mmなのですが、編みあがりの太さは直径8mmほどになっています。

カメラとの接続はPPベルト

パラコード カメラストラップ

カメラとの接続分は10mm幅のPPベルトを使用。このサイズのPPベルトはホームセンターに置いてなかったので、いつものようにAmazonで購入です。

一緒に購入したサルカンは厚みがありすぎてちょっと微妙でした。もっと薄いのが欲しいなぁ。

PPベルトを革で挟んで止めたのですが、現物合わせで作ったら汚くなってしまいました。次回はちゃんと型を作ります。

使用感

2016-03-19 19.28.44

首にかけるとこんな感じです。1.2mだとちょっと長すぎますね。

パラコードのカメラストラップ

長さ調整はこんな感じで結ぶしかありません。パラコード部分を短くしてPPベルトを長めにすれば調整の幅が出るのだけど、それだと面白くないので、何かしら調整できそうな方法を探してみます。

タグ: ,

back to top