Macbook Air 11でChromium OSをUSBから起動する方法。Chromebook気分を味わってみる

やっぱりAndroidアプリの動くChromebookが欲しい

最近何かとChromebook、Chrome OSの話題が多いので、余らせていたMacobook Air 11(Mid 2013)にオープンソース版のChromium OSをインストールしてみました。といってもUSB起動の段階で止めていますが。

Chromium OSをUSBからブートする方法

Chromium OSはChrome OSのベースになっているもので、厳密には両者は異なるもの。Chromium OSにGoogleが手を入れているのがChrome OSです。

このChromium OSをインストールする方法はいくつかあるのですが、メジャーなところでは「Chromium OS Builds」からビルド済みのイメージファイルをダウンロードしChromium OS起動用のUSBメモリを作る、もしくはNeverware社が開発しているChromium OSのカスタムビルド「CloudReady」を使うのが一般的なようです。

いずれの作業もWindows PCから行うのが簡単です。どちらも試してみましたが、Macbook Airで上手く動いたのはCloudReadyのほうでした。

素のChromium OSをインストールする方法

Chromium OS Buildsでは毎日、自動的にChromium OSをビルドしそれを公開しています。このため、バグが含まれていたり、上手く起動しないなどの場合もあるようですが、そういうものだと思っておきましょう。ある程度安定し、いくつかのドライバなども追加したSpecial版も公開されているので、安定性が気になる人はそちらを使ってもいいでしょう。

イメージファイルのダウンロード

ダウンロードは「daily」(Specialを使う場合は「Special」)から行います。Camd64OS~となっているものがx64向けのバージョン。ここ数年のPCならこれでいいはずです。他にもCARMOS~で始まるARM向けビルド、Cx86OS~で始まるx86向けビルドがあります。うしろの数字はビルドした日付です。

ダウンロードしたファイルを7zipで展開

ダウンロードしたファイルは7z形式で圧縮されているので、7zip等を使って展開します。展開後は、「Camd64OS-20180102010101.img」のような拡張子がimgのファイルだけになります(サイズは約4GB)。

Win32 Disk ImageでUSBメモリに書き込み

次に、このimgファイルをWin32 Disk Imagerを使ってUSBメモリに書き込みます。

なお、利用するUSBメモリは4GB以上必要。かつ、この作業を行うと12個のパーティションに分割され、Windows上からは利用できなくなります(ツールやコマンドラインから復旧させることは可能です)。

Win32 Disk Imagerの使い方は簡単で、Image Fileに展開したimgファイルを指定。DeviceでPCに挿したUSBメモリのドライブを選択し、Writeを押すだけで始まります。

作業が完了すると、大量のUSBディスクが検出されますが、気にしてはいけません。ミスではなくそういうものです。

USBメモリからブート

あとはこのUSBからブートするだけですが、Macbook Airの場合は、キーボードのOptionを押しながら電源を投入するとUSBメモリから起動できます。

▲右側のEFI Bootを選ぶとUSBメモリから起動可能。ちなみにMacbook AirにはすでにWindows 10を入れているので、左側の表示がWindowsになっています。

これでChromium OSを起動したところ、ちゃんと起動はするのですが、トラックパッドが使えず、かつネットワークも認識しないため、初期セットアップが完了せず手詰まりとなりました……。

CloudReadyをインストールする方法

もう一つのCloudReadyは、手順がさらに簡単です(Windowsを使う場合)。

公式サイトからUSB Makerをダウンロードし、USBメモリを挿してダウンロードしたcloudready-usb-makerを起動すれば、Nextを押していくだけで起動ディスクが出来上がります。

▲企業ユースなどでは有料ですが、個人使用の場合、Home Editionは無料で利用可能です

なお、利用するUSBメモリは8GBもしくは16GBである必要があります。それ以外は受け付けてもらえないので注意してください。

▲利用できるのは8GBもしくは16GBのみ

▲ここ10年のPCなら64bitを選んでおけばOK

▲20分ほどで完成します

Cloudreadyで作ったUSBメモリは、Win32 Disk Imagerを使った場合とは異なり、2パーティションとなります。Windowsから使えないのは同じですけど。

USBメモリからのブート

USBメモリを使った起動手順は先に紹介したものと同じです。Optionを押しながら電源投入し、EFI Bootを選択。

今度は、トラックパッド、ネットワークとも使えセットアップが完了しました。

本来はこの後、起動イメージを本体にインストールするのですが、USBメモリのままでも利用は可能です。少し使って見た感想ですが、Chromeブラウザで作業が完結するような場合には、十分な性能だと思います。

CloudreadyではAndroidのアプリを利用することが出来ないのが残念ですが、古いPCを再生する方法としてはアリではないでしょうか。

ただ、やっぱりAndroidアプリは使いたい。ということで、安いChromebookを物色していたりします。




タグ: , ,

back to top