海外版Galaxy S7(SM-G930FD)でAODに好きな画像を表示させる方法

Galaxy S7

海外版のGalaxy S7(SM-G930FD)のAlways On Displayに好きな画像を表示できるようになりました。
ただし要rootです。

AODには自由に画像を設定できない

スリープ中でもディスプレイに時計や画像などを表示できるGalaxy S7/S7 edgeのAlways On Display(AOD)ですが、自由に画像を設定することはできずSamsungの公式サイトからダウンロードできるAOD対応のテーマに含まれるものしか表示することができません。

ではAOD対応のテーマを作ればいいのかというと、その方法(ツール)もごく一部の開発者にしか公開されていないという状況です。

しかしAODに好きな画像を表示したい、好きなアプリの通知を出したいという人は多いようで、XDAでXposedのモジュールとしてツールが公開されました。

使用するには要root

公開された「GalaxyXMod」を使用するためには、Androidをカスタマイズする「Xposed Framework」が必要ですが、Xposedをインストールするにはroot化が必須です。

このため、今のところ国内版のGalaxy S7 edgeでは利用することができません
ただ、Snapdragon 820版の米国向けGalaxy S7 edgeでroot化のする方法ができたようなので、近いうちに利用できるようになる可能性はあります。

Galaxy S7のroot化はCF-Autoでほぼワンクリック

Galaxy S7(SM-G930FD)のroot化はCF-Auto-Rootを利用するとほぼワンクリックで行えます。

ダウンロードしたアーカイブ内にあるOdin3を起動し、APにやはりダウンロードしたアーカイブ内にある「CF-Auto-Root-herolte-heroltexx-smg930f.tar.md5」を指定。
端末をダウンロードモード(電源を切り、ボリュームダウン、ホーム、電源を同時押し)でPCにつないでOdin3の「Start」を押せばroot化されます。

スクリーンショット_070616_114129_PM

root化したら、TWRP ManagerでTWRPを導入しておきます。

TWRP Manager  (Requires ROOT)

TWRP Manager (Requires ROOT)
開発元:Jmz Software
無料
posted with アプリーチ

Xposedを導入

Xposedは全自動というわけではないですが、比較的簡単にインストールできます。
こちらのサイトから必要なファイルを3つダウンロードし、それを端末内に保存。

スクリーンショット_070616_115610_PM

リカバリーモードで起動して、保存したxposed-v84.0-sdk23~.zipをインストール。
再起動後にXposedinstaller_3.0_alpha4.apkをインストールすればXposedの導入は終了です。

GalaxyXModをインストール

最後に本命のGalaxyXModをインストールします。
これはXposedもモジュールなのでインストール後にXposedで有効化すれば修了です。

GalaxyXModの設定

とりあえず、好きな画像を表示させたい場合には、「Replace AOD backgrouond image」を有効にしておきます。

2016-07-06 15.03.41

これで、「/mnt/sdcard/aod_wallpaper.png」をAODの画像として表示してくれます。
なお、画像のサイズは1600×2440です。

ちなみに、AODの画像は(焼き付き防止のため?)定期的に上下に移動して表示されるのでタイミングによっては頭が切れます。

AOD

いい感じになる表示範囲などはこれから要検証ですね。

これぐらいの設定は標準でやらせてほしい

しかし、AODの画像指定ぐらいはroot不要で標準対応して欲しかったというのが本音です。
さほど難しい話ではないと思うのですが、なんでやらなかったのか・・・。

とりあえず、国内版のGalaxy S7 edgeで利用できるようになるのが待ち遠しいです。

タグ: ,

back to top