Nitendo Switch有機ELモデル、10月8日発売。仕様的にはほとんど変更なし

残念ながらJoy-Conに変更はないとのことで、ドリフトは解消してなさそう

Nintendoが、有機ELを搭載した新しいNintendo Switch、その名も有機ELモデルを発表しました。価格は3万7980円で10月8日発売です。

従来モデルとの違いは、なんといってもディスプレイが液晶から有機ELになったこと。サイズも6.2インチから7インチへと大型化しています。ただし、解像度は1280×720で据え置き。また、キックスタンドの変更やスピーカーの改善など細かな変更はありますが、基本的は仕様は変わっておらず、名前の通り有機ELになっただけとも言えそうです。ただ、本体メモリーは64GBに倍増されました。

本体サイズは縦102mm×横242mm×厚さ13.9mm(Joy-Con取り付け時)で従来モデルよりも横幅が若干長くなったものの、それ以外は共通(従来は縦102mm×横239mmx厚さ13.9mm)。なお、Joy-Conそのものは変更がないとのことで、有機ELモデルものを既存モデルでも使用可能。というか、新カラーが加わっただけで同じものです。

仕様的に変化はありませんが、ハードウェアというか筐体としては、背面のなんとも頼りなかったキックスタンドが、サイズアップしており、下部全面を使うスタイルになりました。これなら簡単にもげてしまうこともなさそうです。

また、ドックにも変更が加わっており、有線LANに対応しました。オンラインゲームなどをプレイする際、無線では遅いという場合には重宝しそうです。ちなみに、ドックも従来モデルと互換があり、従来モデルでも有線LAN付きのドックを使用可能。その逆に従来モデルのドックを有機ELモデルでも利用できるとのことです。

正直なところ、買い替えるほどの変更点はなさそうな気もしますが、少しでも大きな画面が欲しかったというなら買い替えもありでしょうか。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。