Nintendo SwitchをPC画面に出力できるGenki ShadowCast、一般販売開始

HDMIケーブルがいらないのは、便利と言えば便利

Nintendo SwitchなどのHDMI出力をPC画面に表示できるコンパクトなキャプチャデバイス「Genki ShadowCast」がAmazonで一般販売を開始しました。

USBメモリを一回り大きくしたような形状ですが、HDMI端子をNintendo SwitchやPS4/5、あるいはノートPCなどのHDMIポートに差し込み、反対側にあるUSB Type-CポートにUSBケーブルを接続。反対側をPCに接続して専用アプリを起動すれば、PCの画面内に接続した機器の画面を表示できるというもの。

入力は4Kまで対応しますが、出力は1920×1080@30fpsの解像度優先モード、あるいは1280×720@60fpsの動作優先モードのどちらかになります。ちなみに、専用アプリ上でコナミコマンド(↑↑↓↓←→←→BA)を入力すると、もう少し細かく設定は可能ですが、上限が 1920×1080@30fpsなのは変わりません。また、専用アプリでは手軽に録画もできるのがポイントです。

正直、キャプチャデバイスはもっと安価なものも出回っているのですが、それらは大抵HDMIケーブルが必要で、反対側はUSB-Aだったりします。その点、HDMI端子を内蔵しておりケーブルが不要。かつUSB-C対応というのは便利と言えば便利そうです。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。