カテゴリ:クラウドファンディング

Nintendo Switchを11.6型にできるモバイルディスプレイORIONがGREEN FUNDINGで先行販売開始

別途電源接続(モバイルバッテリーで可)が必要

GREEN FUNDINGにて、Nintendo Switchを11.6インチの大画面にするモバイルディスプレイ「ORION」の先行予約販売が2月22日13時から開始されます。

ORIONは、2021年末にIndiegogoでクラウドファンディングを実施していた、台湾UP-Switch社の製品。日本ではTORO TECH JAPANが正規代理店として、GREEN FUNDINGでテスト販売を実施します。

このORION、簡単に言ってしまえば、ただのモバイルディスプレイ。なのですが、背面にJoy-Conを外したSwitch本体を収納できるのが大きな特徴です。ようするに、Switchのドック内蔵ディスプレイ。

ディスプレイの両脇にはJoy-Conをセットできるようになっており、11.6インチのディスプレイを両手に抱えてプレイも可能です。

ただし、バッテリーは非搭載なので、利用するには別途モバイルバッテリーなどを接続する必要があります。電源供給はUSB Type-C。HDMIポートも備えており、通常のモバイルディスプレイとしてSwitch以外の機器を接続も可能です。

ORIONの解像度は1920×1080で重さは570g。2.5W x 2のステレオスピーカーも搭載しています。

これで快適にプレイできるのかと問われると、腕がプルプルしそうというのが本当のところですが、Switchとディスプレイをコンパクトに持ち運べ、どこでも(比較的)大きな画面で遊べるというのはメリットかもしれません。

GREEN FUNDINGでの価格は3万3000円から。先着1050名に1万mAhのモバイルバッテリーも無償提供されるとのことです。