2017.6.8

タイヤの空気圧をスマホで監視できる「ZUS Smart Tire Safety Monitor」が便利そう

昔はスタンドで測ってもらってたけど、セルフになってからは半年に1回測るか測らないか・・・

車に乗っている人なら、多少は気にいしているであろうタイヤの空気圧。気にはしつつもそんな頻繁に測るものでもないし、実際のところは一度も測ったことがないという人もいるのではないかと思います。

そんな空気圧をスマートフォンで監視できるガジェット、「ZUS Smart Tire Safety Monitor」がIndiegogoで出資募集中です。

空気圧の変化は見た目ではなかなかわかり難いもの。ZUSはタイヤのバルブ部分に取り付けることでリアルタイムに空気圧を測定します。また、温度も同時に測ることで、くぎを踏んだりしてゆっくり空気が抜けているような状況でも検出できるとのこと。

▲空気圧の変化は見た目ではわかりにくい

なお、社内にあるレシーバーはUSBで給電しますが、各タイヤに取り付けるセンサーにはボタン電池(CR1632)を利用します。どれくらい使えるのかがわかりませんが、1年くらいは持つのかな?

バルブに装着するだけだと盗まれるんじゃないかと心配になりますが、一応ロックナットを使って盗難防止にも考慮されているようです。

indiegogoでの最低出資額は$97から。すでに目標額の$20,000は超えて6倍以上の資金を集めいます。上手くいけば出荷は8月の予定です。

(via CNet)
(source indieogo)

タグ: , , ,

back to top