YouTube Kidsが日本でも提供開始、フィルタリングで子供向けの動画のみを表示可能

何かしらのペアレントコントロールと組み合わせないと制限自体は意味がないです。

2015年に米国でリリースされた子供向けのYouTube、YouTube Kidsが日本でも提供開始されました。

YouTube Kidsは、雑多な内容であふれているYouTubeの中から、子供向けのコンテンツのみを表示できるというもの。カテゴリーとして「アニメ・ドラマ」、「おんがく」、「まなぶ」、「はっけん」のカテゴリに分けられており、「アニメ・ドラマ」では妖怪ウォッチや仮面ライダーゲンム関連の動画や、「はっけん」ではセサミストリートなどが表示されます。

コンテンツ自体は通常のYouTubeで見られるのと同じものですが、YouTube Kids用にある程度フィルタリングは行われています。何本か動画を視聴すると、それに基づきホーム画面に表示される動画も変化するそうです。

ただし、フィルタリングは完ぺきではないため、子供にふさわしくないコンテンツが表示された場合は保護者が都度ブロックしてほしいとのこと。

ちなみにヒカキン等の有名ユーチューバーの動画はホーム画面には表示されていませんが、検索すると普通に表示されます。

また、視聴時間の制限も行えますが、これはYouTube Kidsが使えなくなるだけで、端末そのものは何ら影響なく利用可能です。

他のペアレントコントロール系アプリと組み合わせて、YouTube Kids以外は使えなくする(通常のYouTubeは見れなくする)などの制限をしないとあまり意味はなさそうですが、もし制限できないとしても、「子供が好きそうなコンテンツだけどを見つけられるアプリ」としては有用かもしれません。

(source Google)

タグ: , ,

back to top